The Last Desperate 10 Years As Ever

Korea産SymphonicBlackMetalバンドの03発表の4th
韓国のバンドというと一昔前はHardRockバンドが結構いましたね〜なんて意味不明な前置きはともかく(汗)音の方行ってみましょう!
基本的にはKeyを全編いい感じで入れてくるな〜ってのが第一印象。そのいい感じのKeyとDsのドコドコ2バス(blastは少なめ)をバックに掻き鳴らしと言うよりよりはThrashMetalっぽいザクザク刻みリフのGが印象的です。
Voは勿論BlackMetal系の高音絶叫型ですが、聴き易くてMelodicDeathっぽい感じもします。その他にもfemale Voを取り入れたした曲や笛(民族楽器?)をアクセントに入れた曲もあってかなり良い作品です。
歌詞は韓国語(BlackMetalのVoは言語に関係なく聞き取り不可能 笑)&歌詞カ-ドもハングル文字なんで内容は全く判りません。
欧米のバンドにも全く引けを取らない質の高さなんで気になった方は聴いてみてちょ〜だい。


FADING AWAY INTO THE GRAVE OF NOTHINGNESS

で、05発表の5th
今回は#1からKeyの奏でる物悲しいイントロで始まり、曲の中間部では泣きのGソロ炸裂!と嬉しい限り。
他にも激しいblastと美しいメロディ-を奏でるピアノとの対比が素晴らしい#2等、前作よりもかなり聴き応えのある内容になってます(勿論前作も良いです) 全曲で紅一点KeyのHyeさんが泣きをタップリ含んだ物悲しい雰囲気のメロディ-を奏でつつ、曲を盛り上げてくれます。ヤバイです!
前作で個人的に好きだったGのThrashっぽい音色は殆どなくなり、よりBlackMetalらしい音色になってますがかっこいいので◎
今回から歌詞が英語になってる(#8のみ韓国語)ので、歌詞の内容も含めて彼等の世界観がより判り易くなったんじゃないかと思います。
#8はfemale Voを取り入れた韓国版CRADLE OF FILTHといった趣のある曲で「美と醜」の対比具合がいい感じ。Bonus Truck 2曲収録。
「欧米のバンドと比べて」とか、そんな低次元での比較は全く意味を成さない位、彼等独自の音を出してるバンドですので、気になった方は是非聴いてみてね。

トップへ
トップへ
戻る
戻る



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー