WISCONSIN DEATH TRIP

LA産Industrial/Loud/Heavyバンドの99年発表の1st
彼等曰く「Evil Disco」らしいですが、特にその辺は判りません(笑) 適度にHeavyで聴き易いメロディ-&適度にピコピコ感があります。
日本盤(初回限定盤?)はBonus CD付きと一枚で何度も楽しめる作品。Bonus CDには同作品収録曲のRimix曲やMINISTRYの超名曲の「BURNING INSIDE」のカヴァ-収録(GでPITCHSHIFTERの人が参加。オリジナルよりテンポも速くてカッチョエエ)等が入ってます。
MINISTRYとかPITCHSHIFTERなど好きな人には間違いなくオススメ。Koichi Fukuda君がいい仕事してます。


Start a war

05発表の4th 2ndから加入したGのTripが大事やらかして解雇、以前に在籍してたKoichi Fukuda君(G/Prog)が再加入。
プロデュ-サ-もUlrich Wild氏なんで、音に関しては問題無し。Koichi君が復帰したんで1stみたいにピコピコ感が増すのかな?と思ってましたが、基本的には前作「Shadow Zone」路線で歌を重視した感じ。
前作から加入したDsのNick Oshiro君も相変わらず機械の様に完璧過ぎる位のプレイで◎ #13ではマ-チングドラムなんかも披露してくれてますがコレが物凄い!!是非DVD付きの方を買って観てみて欲しい位。
1stの路線を求める人が多いみたいで、結構否定的な意見が多いみたいですが、そんなの全く関係無く良い作品なんで気になった方は聴いてみてちょ〜だい。

トップへ
トップへ
戻る
戻る



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー