Black Fireland

Belarus産Key入りMelodicDeathMetal 03発表の1st
このコテコテなジャケ(でも、こんな感じのジャケ大好き!)や出身国だけだとPaganBlackMetalっぽいイメ-ジを抱くと思いますが、意外にもMelodicDeathです。
とは言ってもDsが結構blastを入れてくる&Voの歌い方のせいもあってBlackMetal的要素も感じられる音。G teamはMelodicDeathらしい叙情感溢れる美メロリフを紡ぎ出しつつも、ちょっとしたソロでは派手なプレイは全く無いけど何とも言えない味のあるメロディ-を披露。時折入るアコGパ-トもイイ感じ。前述した様にDsは基本的にドコドコしてますが、blastを効果的に導入する事で曲にメリハリ&スリル感を感じさせてくれます。Vo(B兼任)は中音域主体でDeath声、Black声どちら共受け取れる感じの歌い方。このテのバンドにしては珍しくBの音が良く聞きとれます。Key(ゲストさん。正式メンバ-やったらイイのに)は要所要所でsymphonicな音色を入れてきて曲を盛り上げてくれます。曲の方も全7曲ですが、非常にドラマティックで「静と動」といった趣を感じさせる展開を見せてて素晴らしい。
因み#6は1stデモ(98年)からの曲。若干Thrash的な要素もあったりして完成されて無い感じもしますが、初期の頃と完成された現在の音を比べてみるなんて楽しみ方も出来るかと思います。#7はMANOWARの「Metal Warriors」のカヴァ-(DeathMetalヴァ-ジョンと言った感じデス)収録。
歌詞&歌唱は英語なんで歌詞の意味も判りやすいかと思います。MelodicDeathやMelodicBlack両方のファンにも気に入る要素が沢山入ってるので、気になった方は聴いてみてね。

トップへ
トップへ
戻る
戻る



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー